子育ての部屋

子育てにお悩みですか?

この部屋であなたの子育てに関する悩みを解消しましょう。

このページの目次

子育ての部屋 1 ー子育てに悩むのは当たり前ー

子育てに悩む親御さんは多いです。いや悩まない親御さんは一人もいないと思います。また、「私にばかりまかせておいてお父さんは何もしてくれない」と愚痴を言いたくなるお母さんの気持ちも良く分かります。事実私はそのような父親の一人でした。特に私のように教師をしている父親に多いかもしれません。また、「子育てはやっぱり両親が二人そろっていないとうまくいかないのかなー」なんて悩んでおられる方もおられます。しかし、両親そろっていても全く子供に愛情を注いでいない親もいますし、また一人でも十二分に愛情を注ぎスクスクと成長している子供も多くいますね。
子育ては、とかく取り越し苦労をしてしまいますね。でもそれだけ重要な事柄なのだと思います。
子育てに悩むのは当たり前です。
 今日は子育てについて、ひとことだけ。親子は一緒に成長するのだと思いますよ。
特に物心ついた後、まだお子さんが小さなころから青年期まではこのことが当てはまりますね。
子供は親の成長した愛情によって育つし、また子供に教えられて親も成長していきますね。


子育ての部屋 2 ーみな家族の一員ー

 高校に勤めていたころクラスの男子生徒が遅刻をしてきました。「どうしたんだ」、と問い詰めたら「母さんが弁当作るのが遅くなったから」と言います。まだ若かったせいもあって私は「お母さんは朝早く起きて毎日君の弁当を一生懸命作ってくれているんだ。お母さんがどれだけ大変な思いをしているのか、分かっているのか。お母さんの勢にするな。」と怒鳴りつけてしまいました。
 親、特に母親はその気持ちが強いのですが、子供のために自分ができることは何でもしてやろうと考えます。子供が小さければ小さいほどその思いは強いのではないでしょうか。もちろんそれは子供に対する深い愛情の表れです。母親と父親とではその表れは異なるようですが、親の愛はどんなに尊いものか、うれしく思います。その上でお父さん、お母さんに一言いいたいと思います。お父さん、お母さん、子供が自立できるようにあなたは子育てをしていますか?親の務めに「子供を守ること」があります。公園でワンちゃんに付ける散歩用のリードをご自分の子供に付けてママ友との話に夢中になっているお母さんや子供の状況には一切関心がないというようにスマホに夢中になっているお母さんを見受けることがあります。これが「子供を守り子供を育てること」なのでしょうか。大いに心配になります。 また、過剰(私にはそう思えるのですが)なまでに子供たちを「安心・安全」の中に縛り付ける方もおられます。
 今では体育祭で「組み立て体操」をやる学校も減ってしまいました。ある年、体育の授業で組み立て体操の練習をしている時、転び方、降り方が悪く骨折事故が2件続いてしまいました。その時、学校に怒鳴り込んできたお父さんがいました。「2件も事故があったのに中止しないのか」との抗議でした。事故にあった生徒の親御さんではありません。もちろん、事故など無いにこしません。教師は安全対策を徹底すべきです。その上で申し上げたいのは、子供たちは将来の自立のためにも経験を通して危険回避の方法を身に着けていくことが大切なのではありませんか。もちろん園児をバスの中に放置し気づかずにいることなど論外ですが。

相談してみよう

子育てに関する相談はありませんか?

相談することはどんなことでもOK。
いますぐ相談にのってもらいましょう。